スニッグは、こだわりのオーダーカーテンと素朴でぬくもりを感じるインテリア雑貨を扱うお店です。

  • カーテンのお手入れ方法

    [普段のお手入れ]

    カーテンの汚れの主な原因は、空気中のホコリやたばこなどのヤニ、開閉時につく手垢などです。

    週に1度ブラシなどでホコリなどを落とすことも長持ちの秘訣です。お洗濯・クリーニングは半年から1年に1度行ってください。

    [ご自宅でお洗濯できるカーテン]

    [クリーニング店にお願いするカーテン]

    カーテンに縫い付けてある「取扱絵表示」をご確認下さい。

    お洗濯可能な表示があるものはご自宅でお洗濯ができます。

     

    ■お洗濯手順

    ①カーテンレールから取り外しフックを外します。

    ②ホコリを叩き、屏風状に畳み洗濯ネットに入れます。

    ③洗濯をします。(脱水は1分程度の短めに設定)
    ④終わりましたら、そのままフックを付けてレールに吊ります。

    ⑤シワやゆがみを整えて自然乾燥します。

    カーテンに縫い付けてある「取扱絵表示」をご確認下さい。

    ドライマークや水洗い不可のマークがある物はクリーニング店にご依頼下さい。

    [その他カーテンを長持ちさせるポイント]

    ・窓ガラスを綺麗にしておきましょう。(結露などもこまめに拭き取るとカビ予防にもなります。)
    ・カーテンレールもお掃除しましょう。

  • 昇降式プレーンシェードのお手入れ方法

  • 天然素材生地のカーテンについて

    [伸縮と寸法変化]

    天然繊維を含むカーテンは、お部屋の環境(温度や湿度)によって伸縮します。仕上がりサイズにつきまして、天然繊維の特性上、納品後に誤差が生じてくる場合がありますので予めご了承ください。誤差が気になる場合はアジャスターフックによって微調整ができます。

    [糸むら・織りキズ]

    麻や綿は糸目に節状のネップ、織りキズがあります。風合いを生かすという意味で、こちらは不良ではありません。

    [色違い]

    生地は生産時期やロットの違いによる色味の違いがございます。サンプルとも異なる場合もございますので、追加注文される場合などの色味の違いもご了承下さい。

    [色あせ・劣化]

    天然繊維はカーテン用のポリエステル生地に比べると、色あせ・劣化が早いです。逆にそれが経年変化を楽しむということだと、ご理解頂けた上でご注文ください。

    [シワ]

    天然繊維はシワがつきやすく取れにくいのも特徴です。

    そのままでも次第にシワは取れていきますが、梱包の際のシワなどが気になる場合は霧吹きなどで水分を少し噴きかけて頂いたり、アイロンを掛けてシワを取ってください。

    [お手入れ]

    天然繊維は、静電気が起きにくく、ホコリははたけば落ちます。部分的な汚れはポイント洗いなどで対応下さい。

    お洗濯は、水分を含むと縮みますのでお近くのクリーニング店にてドライクリーニングをご依頼ください。

copyright © 2009-2015 snygg all rights reserved

アクセスカウンター